羽田雄一郎の死因は交通事故や刺殺ではなくコロナ?家族(妻や子供に父)は?

記事上
Sponsored Link

こんにちは!

2020年12月27日、立憲民主党の羽田雄一郎参議院幹事長が亡くなった事が報じられました。

まだ53歳の若さでした。

しかし気になる点が死因が何一つ公表されていないのです。

仮に病気や事故なら、その情報を隠す必要はないはずです。

今回は、羽田雄一郎の死因は交通事故や刺殺ではなくコロナ?家族(妻や子供に父)は?についてまとめていきたいと思います!

是非最後までご覧ください。

Sponsored Link

羽田雄一郎が死去

2020年12月27日、立憲民主党の羽田雄一郎参議院幹事長が亡くなった事が報じられました。

各紙以下の様に報じています↓

立憲民主党の羽田雄一郎参議院議員がきょう亡くなったことが分かった。53歳だった。羽田氏は民主党政権で国土交通大臣を務めた。

引用Yahooニュース

まだ53歳という若さで、死因については触れられておらず、謎は深まるばかりです。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

Sponsored Link

羽田雄一郎の死因は交通事故や刺殺ではなくコロナ?

羽田雄一郎さんの死因について調べると、既にネットでは様々な憶測が立てられていました。

そこで死因について多かったのが「交通事故」「刺殺」「コロナ」でした。

「交通事故」「刺殺」については羽田雄一郎さんのwikipediaで一時、交通事故や刺殺が死因とされていたということでした。

こちらについては既に変更されていたので、あくまでもそうだったらしいということになりますね。

なぜ交通事故や刺殺といった死因にしたのかは不明です。

そして、記事を書いている途中で判明しましたが、死因はコロナの可能性が高そうです。

メディアによると↓

複数の関係者によると、羽田氏は24日ごろから発熱があり、体調を崩していたという。27日にPCR検査を受ける予定だったが、同日午後に容体が急変したといい、都内の病院に搬送された。

別の政界関係者によると、羽田氏には、糖尿病の既往症があったとの情報もある。

引用日刊スポーツ

元々24日ごろから発熱があり、体調を崩していたそうで、亡くなられた27日にPCR検査を受ける予定だったようです。

まだ正式に陽性と公表されていませんが、糖尿病の既往症もあったという事なので重症化してしまった可能性が高そうですね。

政治家がクラスターや感染したらさらに国民から不信感を抱かれますし、ましてやそれが原因で死去したとなると波紋を呼びそうです。

また、Twitterでは既に陽性と断言されている方も居ました↓

果たして真相はどうなのでしょうか?

Sponsored Link

羽田雄一郎の家族(妻や子供に父)は?

羽田雄一郎さんの家族(妻や子供に父)について調べてみました。

羽田雄一郎さんは2000年12月17日に結婚されています。

七栄さんと言い岡山県出身で学習院大学法学部を卒業されていました。

JALのスチュワーデスを務められていたそうですよ。

子供は3人いて、息子さん2人、娘さん1人がいます。

娘さんはまだ3歳で羽田雄一郎さんはとても可愛がっていたようです。

まだまだ一緒にいたかったと思うのに悔やまれます!

父親は知る人ぞ知る第80代内閣総理大臣の羽田孜さんです。

2017年に亡くなられています。

羽田雄一郎さんは父親の秘書から1999年の参院長野選挙区補欠選挙で初当選し、民主党の野田内閣で国土交通相を務められました。

父親の背中を見て政界入りを決断されたのだと思います。

記事下
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ