村雨辰剛(庭師)に彼女はいるの?なぜ庭師になったの?

Sponsored Link

昼めし旅【神奈川県鎌倉市~鎌倉奥様の万能ソース&老舗酒店のムニエル】に庭師、タレントの村雨辰剛さんが出演されるそうです。

最近では様々なテレビに出演され、活躍されています。

今回は村雨辰剛(庭師)は彼女がいるの?なぜ庭師になったの?についてまとめていきたいと思います。

是非最後までご覧ください。

Sponsored Link

村雨辰剛(庭師)のプロフィール

村雨辰剛(むらさめたつまさ)さんは1988年7月25日生まれの31歳です。(2020年3月現在)

本名はヤコブ・セバスティアン・ビヨークさんと言います。

身長には182cmということですが、スウェーデンの平均身長が178cmということなので、それよりはやや高いことがわかります。羨ましいです!

出身は北欧のスエーデンです。

26歳で帰化します。

日本名の由来は、
「村雨」というのは、村雨退二郎という昭和の作家から来ているそうで。「辰剛」は、自分で考えたそうです。辰年生まれなので「辰」をつけて、「剛」は親方の名前から拝借したそうです。武将みたいに強そうな名前になったので、親方からは、「名前に負けない人生を送りなさい」と、プレッシャーをかけられています。

元々英語が得意で、海外に興味があり、後に、島国日本に興味を抱きます。

16歳の時に、3か月間神奈川県に語学留学したことが縁で日本で暮らすことを決意しています。
高校卒業後、18歳の時に日本へ来ました。

日本に来てから名古屋で語学学校の教師をしている時に、現在の事務所にスカウトをされてます。
芸能活動と同時に教師として活動をしていましたが、23歳の時、庭師の世界に入りました。
日本の文化を感じられる職業に就きたかったからだそうです。

愛知県西尾市にある加藤造園で現在の名前を命名してもらい、5年の修行を経て、独立。
現在は、芸能活動のため千葉県を拠点に活動しています。

そして、書籍の出版もしています。

あと、村雨辰剛さんは筋肉がすごくて、NHKの『みんなで筋肉体操』にも出演されていました。かなりマッチョな方です!

村雨辰剛(庭師)は彼女がいるの?

続いて村雨辰剛(庭師)は彼女がいるのか調べてみました。

村雨辰剛さんはこれだけイケメンのですから、当然「結婚」とか「彼女」なるキーワードがたくさん出て来ます。たぶん大方の帰化する男性のパターンが、配偶者(妻)が日本人でというパターンが多いからではないでしょうか。

テレビタレントになった外国人の方が帰化される時、確かに奥さんが日本人というのはよく聞きますよね。だから「村雨辰剛さんの嫁は日本人なの?」と思われる方が多かったようです。
ネット検索で出てくる「嫁」と「彼女」なるキーワードの落ちはコレですね。

調べてみた結果、どうも村雨辰剛さんは彼女はいないようです。

今は彼女となる女性はいませんが、近い将来には嬉しい知らせが聞かれるかもしれませんね。

村雨辰剛(庭師)はなぜ庭師になったの?

村雨辰剛さんは23歳の時、庭師の世界に入りました。

今は愛知県で修業を終え、現在は造園を請け負う都内の会社で働いています。

村雨辰剛さんが日本庭園に惹かれるのは、伝統を大事にするところや、日本ならではの物の見方や美意識──わび・さびや味──が表れるところ。石一つとっても、顔があり、置き方があります。それぞれの木にも適した切り方があって…とすべてに意味がある。

ルールが決まっているのが好きな、村雨辰剛さんの性格にぴったりだったそうです。

最近、新しく日本庭園を造ろうという人はほぼいなく、それどころか日本庭園の解体に関わることのほうが多いんです。
昭和の時代は、サラリーマンが出世して家を建てるとなったら、一緒に日本庭園を造るのがならいだったというじゃないですか。それが今は、庭はいらない、木もいらない、灯籠もいらない、と言ってどんどん解体していく。寂しいですね。本当に。

と語られていました。日本庭園を愛する村雨辰剛さんだからこそ、つらい悩みがあるそうです。

そして常に前向きで積極的に勉強しようという姿勢は、国籍、年齢など関係なく、人の心を掴むのでしょうね。

まとめ

今回は村雨辰剛(庭師)は結婚しているの?なぜ庭師になったの?についてまとめさせていただきました。

こんなにも村雨辰剛さんが日本を愛している方だとは知りませんでした。ひょっとしたら僕よりも日本が好きな方かも知れません!(笑)

伝統を大事にするところや、日本ならではの物の見方や美意識を大事にしているところも日本人として見習わないといけませんね!

彼女については有力な情報はありませんでしたが、近々嬉しい情報が聞ける日が来るかもしれませんね!

これからも村雨辰剛さんがご活躍されることを応援します!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする