甲府市放火犯人の19歳少年は誰か特定?名前(実名)や顔画像は?

記事上
Sponsored Link

山梨県甲府市蓬沢の井上盛司さん宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった事件で、山梨県警は同市の19歳の少年を井上さんの娘に対する傷害容疑で逮捕した事が報じられました。

更に少年は放火した事をほのめかす供述をしており、現住建造物等放火容疑も出ています。

一体、この少年は誰なのでしょうか?

今回は、甲府市放火犯人の19歳少年は誰か特定?名前(実名)や顔画像は?についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

甲府市放火事件の概要

読売新聞オンラインは次の様に報じています↓

甲府市蓬沢の井上盛司さん方が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった事件で、山梨県警は13日、同市の少年(19)を井上さんの娘に対する傷害容疑で逮捕したと発表した。調べに対し、少年は容疑を認めるとともに、井上さん方に放火したことをほのめかす供述をしており、県警は現住建造物等放火容疑でも調べている。

火災は12日午前3時50分頃に発生。井上さん方は夫婦(50歳代)と娘2人(10歳代)の4人暮らしで、出火当時は全員が在宅していた。同3時半頃、2階で寝ていた妹が人が争うような声を聞き、1階に下りたところ、不審な男と鉢合わせし、逃げた際に後ろから襲われた。娘2人は2階のベランダから外に逃げ、110番した。

犯人は井上さんの家に侵入し、放火しました。

更に男と鉢合わせをした井上の下の娘さんが、凶器で頭を殴られたとの事。

焼け跡からは損傷の激しい2人の遺体が発見され、この2人は井上盛司さん夫婦と見られています。

逮捕された少年は井上さんの娘への傷害について容疑を認めており、放火についてもほのめかしているということです。

Sponsored Link

甲府市放火犯人の19歳少年は誰か特定?名前(実名)や顔画像は?

今回、放火事件を引き起こした19歳少年は誰で名前(実名)や顔画像の特定はされているのでしょうか?

少年は19歳で未成年という事もあり、少年法が適用され、名前や顔画像は公表されていません。

しかし、令和3年5月21日、少年法等の一部を改正する法律が成立し、令和4年4月1日から施行されます。

この日から、成人年齢を18歳とする民法の一部を改正する法律も施行されます。

20歳未満の者は一律「少年」として取り扱われるが、そのうち18歳・19歳の者は「特定少年」と位置づけられ、17歳未満の少年とは区別して取り扱われる事になります。

したがって今回の場合は、令和4年4月1日以降に少年の名前などの素性が公表される可能性は高いでしょう。

また、匿名掲示板の爆サイでは今回の事件の掲示板の中で次の書き込みが確認出来ました↓

#121 2021/10/12 23:06

小暮洋

引用:爆サイ

この書き込みは今回の放火事件に関するスレッドの中で確認されました。

一般的に考えればこの書き込みは少年の名前を表していると捉える事が出来ます。

しかし、上記の名前が少年の名なのかは他に確証が持てる情報は無かった為、デマの可能性も十分に考えられます。

いずれにせよ、注目度の高い事件なのでどこかから名前などの素性がリークされる可能性は高いでしょう。

また詳しい情報が分かり次第更新していきます。

【2021年10月21日追記】

2021年10月21日、「週刊新潮」が、犯人の名前と顔写真を公開しました。

新潮によると、逮捕された少年の実名は「遠藤裕喜」というようです。

「山梨県立中央高校」の定時制に通っており、生徒会長を務めていたようです↓

Sponsored Link

世間の反応

一体、少年は被害者宅に侵入した目的は何なのか、どのような目的で放火したのでしょう?

両親を亡くし、家を焼かれてしまった姉妹には本当に気の毒すぎます。

記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする