陳清晨の下品な発言(言葉)の意味は何?Fワード連発?動画は?

記事上
Sponsored Link

2021年7月27日に行われたバドミントン女子ダブルス(中国対韓国)の試合中、中国の陳清晨選手が下品な言葉を連発したとして、韓国バドミントン協会は世界バドミントン連盟に正式に抗議する方針を明らかにしました。

一体、陳選手は何て言っていたのでしょうか?

今回は、陳清晨の下品な発言(言葉)の意味は何?Fワード連発?動画は?についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

陳清晨の下品な発言(言葉)連発で韓国バドミントン協会が正式抗議へ

CNNは次の様に報じています↓

韓国バドミントン協会は4日までに、東京オリンピック(五輪)のバドミントン女子ダブルスの試合で同国と対戦した中国選手が下品な言葉を叫んでいたことに関し、世界バドミントン連盟に正式に抗議する方針を明らかにした。同協会がCNNに明らかにした。

テレビ放送された7月27日の試合中、中国の陳清晨選手(24)は下品な言葉を連発。これにより中国では多くの人の心をつかんだものの、韓国国民は不快感を示している。

この問題は韓国メディアによって広く報道され、批判的な声を中心に反応が広がった。

対照的に中国のSNSでは、激しい試合の中で陳選手が感情を爆発させたのを面白がる人が多かった。これまで陳選手は比較的無名の選手だったが、大まかに言って英語の「f**k」に当たる中国語を叫ぶ映像が出回ると、SNSで話題を集めた。

陳選手が問題の言葉を叫び始めたのは、中国ペアが韓国ペアに第1セットを取られた後でした。

得点を挙げるたびにこの言葉を連発し、結果的に勝利しています。

陳選手は「得点獲得のために自らを励まそうとしていただけだ」「発音が良くなかったために生じた誤解」と疑惑を否定しています。

31日の準決勝で同じ事が繰り返されています。

Sponsored Link

陳清晨の下品な発言(言葉)の意味は何?Fワード連発?動画は?

今回、陳選手の下品な発言(言葉)とは何て言っていたのでしょうか?

問題となった試合の動画を見てみましょう↓

上記のツイートを訳すと↓

昨日、オリンピック史上最も奇妙なシーンの1つがオリンピックスタジアムに登場しました。

中国の女子バドミントンダブルスの陳清晨は、相手の韓国がボールを打ったときに大声で叫んだと抗議し、抗議が失敗した後、声を出して反論した。

彼女が得点したとき、彼女は「Fuck!」、「Fuck me!」、「Fuck your mother!」、「I’m going to your mother!」と叫びました。ゲーム全体が冒とく的な言葉でいっぱいでした。

となります。

陳選手は欧米で非常に下品な言葉とされる“Fワード”を連発していたのです。

“Fワード”とは名の通り”F”で始まる言葉で、英語圏では公の場で用いる事がはばかられています。

具体的には「fuck」やその関連語が”Fワード”に該当します。

「f**k」のように伏せ字で扱われる事が多いです。

このような言葉で本当に自らを励まそうと出来るのかは謎ですが…

ただ、この試合を見ていた視聴者によると、最初に韓国側が大声(奇声)を出してうるさかったようで、中国チームが審判に抗議しても直さなかったようです。

これに対抗していたのかもしれません。

いずれにせよ、どっちもどっちですね。

Sponsored Link

世間の反応

暴言はよくないが、両国とも普段からそんな態度の国だしな。
勝手にやってくれ。

韓国抗議ってどの口が言うんだ。暴言以前に体に触れるラフプレー、反則行為、マウンドに国旗を指する非礼、東日本災害への歓喜垂れ幕。自分らの非礼無礼は棚に上げて他国を非難する権利さえないわ。ホント同じアジア人として良識見識ある海外の人は区別してくれてるだろうけど、同じ民族と思われたくない。

世界のあらゆる国際機関に抗議をしている韓国。抗議があれば調査をしなければならない。面倒くさいだろーな、抱える案件の半分は、韓国がらみじゃないのか?自国の為の機関と思ってませんかね、分担金は利用度に合わせないと、日本とアメリカが大部分負担してるとこ、多いんだけどね。

悪口は良くないけど、
あなた達は言わないんですか?
誓えますか?
何やらオリンピックでの振る舞いで問題を起こしているようですが

両国ともお互いが気に入らないのでしょうね。

最低限のマナーは身につけて試合に臨んでもらいたいものです。

記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする