徳間書店で差別発言編集者の名前は野田博記?顔画像や投稿内容画像も!

記事上
Sponsored Link

2021年7月28日徳間書店は、ウェブメディア「&GP」で業務委託をしている編集者が、個人のSNSアカウントで大坂なおみさんに対して人権侵害を伴う投稿をしました。

その後、当該編集者との契約を解除した事が報道され、話題となっています。

既にネットでは特定されているようですが、一体この編集者は誰なのでしょうか?

今回は、徳間書店で差別発言編集者の名前は野田?顔画像や投稿内容画像も!についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

徳間書店編集者が差別発言で解雇!投稿内容画像

JCASTニュースは次の様に報じています↓

徳間書店は2021年7月28日、ウェブメディア「&GP」で業務委託をしている編集者が、個人のSNSアカウントで人権侵害を伴う投稿をしていたとして、当該編集者との契約を解除したと伝えた。

当該編集者は東京五輪・テニス女子で敗退した大坂なおみ選手に対する差別的な投稿を行っていた。

当該編集者は27日、大坂選手が東京五輪・テニス女子シングルスの3回戦で敗退したことを受け、自身のツイッターで人種差別的な発言を投稿。ツイッターユーザーから批判を集めていた。

編集者は東京五輪・テニス女子で活躍した大坂なおみ選手が惜しくも敗退した際、自身のツイッターで人種差別的な発言を投稿したとの事です。

そのツイート内容がこちらです↓

これはあまりにもひどすぎます!

放置して黙っていれば、徳間書店と&GPの編集部も同根と判断されるから、これは当然の処置だと思います。

誰でもそうですが、匿名だからといって許されると思ってはいけません。

Sponsored Link

徳間書店で差別発言編集者の名前は野田博記?顔画像は?

今回は、徳間書店で差別発言編集者は誰で名前はや顔画像は特定されているのでしょうか?

調べた所、Twitterにて「野田博記」という人物の名が挙げられていました↓

アカウント名は『エレスト引退気味のペンスケ@M.E.R』。

そのトップ画面にFacebookリンクを載せていた為、特定されてしまったようです。

報道が出た後、Twitterは鍵垢にし、Facebookは削除したようですが、時すでに遅しでしたね。

おそらく、真ん中に座っている写真の人物だと思われます。

他にも韓国人に対しても差別発言が確認されています。

このアカウントは「裏垢」だったようですが、所属先たる徳間書店から解雇という処分につながったようです。

現代では匿名でも個人は簡単に特定出来ます。

メディアに所属する編集者としては、あまりに軽率で残念な行動でした。

Sponsored Link

世間の反応

差別的なことを書き込める人格面は論外として、これだけSNSの不用意な発言が人生を終わらせる事態を見てきてるはずなのに、それでもやらかす人たちは何なんだろうね
死なないと信じて高層ビルから飛び降りてるみたいで、気味が悪い

放置して黙っていれば、徳間書店と&GPの編集部も同根と判断されるから、これは当然の処置だろう。誰でもそうだが、無名だから許されると思ってはいけないね。そういう差別主義者は明日から即失業者です。

口は災いの門と言いますが
差別的ツイートで仕事を失うっていうのは象徴的ですね

これからは表現方法を変えて差別をする人が増えるかもしれませんね

一度書き込むと書き込みはやめれない感じになると思います。自分の思いを書き込まないと気が済まないような感じですね。そして一番問題なのは書き込んだ後に、問題があるのか無いのかの判断もできなくなってくるのだと思います。書き込みするときは注意しないと行けない思います。

匿名であれば誰か分からず、見つかるはず無いと誹謗中傷を行う人がいますが、誰がやったかいずれ必ずつきとめられ、判明します。

記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする