極悪爬虫類ユーチューバーはフリスタ?生き餌動画で炎上!

記事上
Sponsored Link

こんにちは!

ウサギなど小動物を生き餌としてヘビなどに食べられる動画をユーチューブで配信したとして、動物愛護法違反の疑いで大阪府の男が書類送検されました。

男は自身の事を「極悪爬虫類ユーチューバー」と名乗り動画を投稿していました。

今回は、極悪爬虫類ユーチューバーはフリスタ?生き餌動画で炎上!についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

極悪爬虫類ユーチューバー生き餌動画で炎上!

2021年4月26日、ウサギなど小動物を生き餌としてヘビなどに食べられる動画をユーチューブで配信したとして、動物愛護法違反の疑いで大阪府の男が書類送検されたと報道されました↓

産経新聞は次の様に報じています↓

男は「極悪爬虫類(はちゅうるい)ユーチューバー」を名乗り、ウサギやモルモットなどの小動物をヘビやイグアナのいるゲージ内に放置して捕食されるまでの様子を撮影した動画を配信。一連の動画は昨年10月に削除されたが、再生回数が2万回を超えるものもあった。

動画を問題視した横浜市の動物愛護団体「日本動物虐待防止協会」が同月、同法違反罪で男を府警に刑事告発。告発状では、昨年6~8月に投稿した5本の動画について、爬虫類に小動物を捕食させる際に、体を傷つけたり逃げ惑わせたりして、みだりに苦痛を与えていると指摘していた。

男が爬虫類の捕食をユーチューブに投稿した所、それを見た動物愛護団体が刑事告発し、批判を浴び炎上状態になっていたようです。

現在はユーチューバーは引退しており、チャンネルも閉鎖されています。

男の動画は「不必要に動物を痛めつけてもてあそぶなど過剰に演出していた」事が問題視されていたようです。

今回は書類送検となりましたが、今後は起訴されるのか展開に注目です。

Sponsored Link

極悪爬虫類ユーチューバーはフリスタ?

今回、書類送検された自称「極悪爬虫類ユーチューバー」とは誰なのでしょうか?

調べた所、Twitterにて「フリスタ」という名が挙げられていました↓

爬虫類ユーチューバーとしてはかなり有名な人物だったようですね。

ちなみに、フリスタ氏は「FreeStyle 和也 【元YouTuber】」という名でTwitterアカウントも存在しておりましたが、現時点では投稿は全て削除されたようです。

Sponsored Link

極悪爬虫類ユーチューバー炎上に世間の反応は?

自然界で蛇が小動物を狩りをして食するのは仕方ないと思うそれが自然界の厳しいおきてなのだから、
だが人間が本当ならペットとして飼われ可愛がられるはずの小動物を生きたまま蛇に与え尚且つYouTubeで回数稼ぎの為だけに行う行為はどうなんだろうか??

引用 Yahooコメント

生餌の前歯をへし折るのは、それを食べさせるほうのペットが口内やのど元を噛まれないようにするための当然な行為でもあるのですが、このユーチューバーの場合はどう見ても生餌を虐待して楽しんでいるようにしか見えなかった。やはりアウトでしたね。

引用 Yahooコメント

こいつ、確かTwitterで自身の子供(生まれて1ヶ月)を紫外線ライトの箱に入れてアップして楽しんでたヤツでしょ?ハムスターの歯を引っこ抜いたりしてたよね。つーか、虐待も出てくるでしょ。余罪ありそうだもん。一生出てくんな。

引用 Yahooコメント

自然界での捕食シーンなら問題ないと思いますが、ペットのヘビにわざわざ生きたウサギを与えて撮影しお金を稼ごうという発想が良くないですね。

こんな悲惨な動画でも収益化出来てしまうのが問題です。

取り締まりの強化や規制をしない限りはこの手の動画は無くならないでしょうね。

記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする