伊藤美誠へ妨害ライトは韓国クルーか?動画や画像まとめ!

記事上
Sponsored Link

2021年7月28日、卓球女子シングルス準々決勝で伊藤美誠選手と韓国の田志希選手が対戦しました。

その試合中にテレビクルーのカメラのライトが試合の妨げになっているとして伊藤選手がアピールし、審判が注意を与える場面が見られました。

一体、このテレビクルーはどこの国なのでしょうか?

今回は、伊藤美誠へ妨害ライトは韓国クルーか?動画や画像まとめ!についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

伊藤美誠へテレビクルーが妨害ライト!

夕刊フジは次の様に報じています↓

28日の卓球女子シングルス準々決勝で伊藤美誠(20)=スターツ=は韓国の田志希(チョン・ジヒ、28)に4-0で圧勝。試合中、テレビクルーのカメラのライトが試合の妨げになっているとして伊藤がアピールし、審判が注意を与える場面があった。

問題の場面は第4ゲームに入った直後。互いに1ポイントずつを取ったところで、伊藤が自身の左側のテレビカメラを指さしながら審判に歩み寄り何事かを訴えた。カメラのライトが視野に入ってまぶしい、という内容だとみられる。

審判も一時試合をストップし、伊藤が指さした方向のテレビクルーに向けてカメラの上部に付けられたライトを消すように指示。注意を受けたクルーはライトを消し、試合は続行された。伊藤はこの後も騒動にもめげず第4ゲームも11-6で田を退けた。

上記の通り試合中、特定の国のテレビクルーが伊藤選手に向かってライトを向けていたのです。

「卓球台を照らしていた」との情報がありましたが、そんな必要があるのでしょうか?

真相は不明ですが、真剣に戦っている韓国の選手にも失礼ですし、このような場面で、きちんと抗議する伊藤選手の姿勢はとても立派だと思います。

この場面は瞬く間にSNS上で拡散されていますが、一部著作権上の問題で削除された動画もあるようです。

Sponsored Link

妨害ライトは韓国クルーか?動画や画像まとめ!

今回、問題となった妨害ライトの動画や画像を見てみましょう↓

やはり、特定の国のテレビクルーは韓国のようです。

一部ではライトだけ点灯させて、撮影はしていなかったとの情報も。

録画時に点灯する赤い点滅がカメラから確認出来なかったようです。

注意された後は、詫びれもせず渋々消灯。

こういったマナーの無いクルーは今後出禁にしてもらいたいものです。

Sponsored Link

【追記】妨害ライトは韓国クルーでは無く日本クルーだった?

妨害ライト騒動の真相が判明しました↓

東京五輪をめぐっては、選手たちに福島県産の食材を食べないよう指示したり、選手村に反日横断幕を掲げたりといった行動をとってきた韓国。それだけに負の感情をもつ日本国民も少なくないだろう。だが、

「いえいえ、あれは『スッキリ!』のクルーなんですよ」

と小声で打ち明けるのは、日本テレビの関係者である。

「ネットで出回っているNHK中継の画像を見ましたが、右端に森圭介アナ(42)が映っていますし、他にも知った顔が映っています。もちろん彼らに伊藤選手を妨害する意図なんてないでしょう。ライトが点いているカメラの後ろにいるのは以前スポーツ局にいた局員ですが、ほかのクルーは基本的に情報番組の人間。スポーツ取材の勝手がわからず、ライトを点けてしまっただけなのではと思います」

引用:デイリー新潮

犯人は日本テレビ『スッキリ!』のクルーでした。

これは『スッキリ』の人間も知っていたようで、ネットで韓国クルーと騒がれている事をこれ幸いとばかりに『自分たちとバレてないからいいや』という態度で黙っていたようです。

カメラ使う仕事をしているのなら、スポーツは特にフラッシュ禁止、ライティングに気を遣わなきゃいけないのは素人でも知ってると思いますけど…

記事が真実なら、日テレ「スッキリ」が正式に謝罪するべきでしょう。

Sponsored Link

世間の反応

名乗り出なかった時点でレベルが低いスタッフかと。韓国を非難したか否かは別として、己の無知で勘違いから外交問題に発展しかねない事をした点と世間を騒がした点で謝罪を国内外にすべきかと。

そこらへんのアマチュア試合ならともかく、オリンピックの試合会場にスポーツ取材の勝手がわからない連中、クルーを連れて来るなよ。
もし人手不足だとしてもプロなら事前にノウハウを指導するべきだろ。

勝手がわからずはただのいい訳、しっかり事前打ち合わせ出来てなかった証拠
人生懸けて戦ってる選手の足を引っ張る行為は許せない
しっかり番組内で謝罪してもらいたい

どっちにしても、メディアの無神経さには呆れるけど、そもそもあの位置って伊藤選手に近いとは言え、相手選手の視界にも入りやすい場所だったから、フェアなゲームをする上でも、審判や相手選手が気にする前に、それをキチンと指摘した伊藤はやっぱり素晴らしいわな。

これはキッチリ説明してシッカリ謝ってスッキリ解決させた方がよろしい案件ではないでしょうか!
韓国の皆さん。
犯人扱いして申し訳ありませんでした。

記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする