神田うののピアス窃盗スタッフMは誰?名前や会社の特定は?

記事上
Sponsored Link

タレントの神田うのさんが、ピアスを窃盗被害にあっていた事が報じられ、話題となっています。

犯人は女性スタッフのMさんだった事が判明しています。

一体、スタッフMとは誰なのでしょうか?

今回は、神田うののピアス窃盗スタッフMは誰?名前や会社の特定は?についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

神田うののピアスをスタッフMが窃盗

女性自身は次の様に報じています↓

「事件が起きたのは今年の7月6日です。神田さんが事務所でインスタグラム用にメークをするため身に着けていたジュエリーを外して机に置いたところ、しばらくするとピアスの片方がなくなっていたそうです。

ピアスは3カラットのダイヤモンドで作られた特注品で、価格は片方でおよそ750万円。その日は家中をスタッフらと必死になって捜したものの見つからず、家族とも相談して後日に紛失届を赤坂署に出したそうです」(捜査関係者)

「赤坂署が紛失時、事件現場にいた女性スタッフ・Mさん(24)を任意で事情聴取したところ、犯行を自供したのです。 Mさんは事件のすぐあとに突然『来月いっぱいで辞めます』と神田さんサイドに申し出たため、捜査していた警察が不信に思い事情聴取に至ったそうです。自供する少し前には弁護士を雇い、ピアスを買い戻す手続きなどもしていたようです。そのため現在ピアスは神田さんの手元に戻されています。

上記の通り、神田さんのピアスを窃盗していたのは、女性スタッフMさんだったのです。

窃盗されたピアスは片耳約750万円。

やはり富豪者は次元が違いますね(笑)

Mさんは片方のピアスを窃盗後、リサイクルショップに150万円で転売しましたが、自供する少し前に弁護士を雇い、ピアスを買い戻したようです。

その為、現在ピアスは神田さんの手元に戻されています。

今回窃盗にあったピアスがこちらです↓

この投稿をInstagramで見る

Uno Kanda(@unokandaofficial)がシェアした投稿

3カラットのダイヤモンドで作られた特注品です。

片方が750万ですから、神田さんは1500万のピアスを身に付けている事になりますね。

Sponsored Link

神田うののピアス窃盗スタッフMは誰?名前や会社の特定は?

今回、神田さんのピアスを窃盗したスタッフMは誰で名前や会社は特定されているのでしょうか?

報道によると↓

・24歳の女性

・オフィシャル写真やSNS動画などの撮影担当や企画考案・宣伝アドバイザー

・2019年頃から動画制作会社のスタッフとして、自宅や事務所に出入りする

・2021年8月末に退社

・愛想がよく人懐っこい性格

・神田さんの娘も気に入っていて交流があった

・ブランド好きでネイルを頻繁に変えている

・2020年にインフルエンサーマーケティング会社を設立

上記の通り、かなり特徴があるスタッフです。

神田さんのSNSを調べてみた所、オフィシャル写真や動画などが数多く公開されています。

しかし、写撮影者についての情報の記載はありませんでした。

また、インフルエンサーマーケティングなどを行う会社を起業しているので、該当しそうな人物を探してみましたが、現時点では特定には至りませんでした。

ただ、24歳で独立して起業してているので、かなり仕事が出来る人物なのだと想像出来ます。

また詳しい情報が分かり次第更新していきます。

Sponsored Link

世間の反応

彼女は信頼できる方と一方的に思っているだけで、近寄ってくるヒトは、彼女の金銭やモノ目当てってことでないですかね。

盗んでやろうとかじゃなくても、金の臭いがするからって近寄ってる人は多いだろうね。ブランド品のおさがり貰えそうとか、高級料理店でご飯食べさせてくれそうとか。
でも実際はそんなことないからね。

価値のあるものを簡単にそのへんに置かない。短時間でも、他人が出入りするなら尚更。前に経験しているのだから。脇が甘い。神田うの位なら一部屋に高価な品は保管して、厳重に鍵でもかけるぐらいするべき。気持ちの弱い人は、高価物を目の前にしたら変わる人もいる。それが現実。

親しい人とは言うけれど、相手はそう思ってなかったって事じゃね?
何度も裏切られるのは多分、裏切られるような接し方をしてたんじゃね?
という考え方もある

信頼した人からの裏切りは辛いと思います。

窃盗は犯罪で盗んだ人間が悪いに決まっています。

ただ、最初は良い人で窃盗する気が無くても、プライベートでお金に困れば今回のような事をする人も中にはいるので、高価な物を所有しているなら、管理をしっかりして、他人を信用し過ぎない方が良いと思います。

記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする