木下ふみこ都議の経歴や(高校,大学)は?結婚,家族ついても調査!

記事上
Sponsored Link

こんにちは!

都議選の板橋区選挙区で当選した都民ファーストの会の木下ふみこさんが、免許停止期間中に車を運転し、人身事故を起こしていた事が発覚し、話題となっていますね。

そんなはどんな人物なのか色々調べてみました。

今回は、木下ふみこ都議の経歴や(高校,大学)は?結婚,家族ついても調査!についてまとめていきたいと思います!

是非最後までご覧ください!

Sponsored Link

木下ふみこ都議のプロフィール・経歴

名前:木下ふみこ(本名:木下富美子)

生年月日:1966年10月13日 

年齢:54歳(2021年7月現在)

出身地:愛知県名古屋市千種区

所属:都民ファーストの会

経歴:

木下ふみこ都議は、大学卒業後に株式会社博報堂に入社されます。入社4年目から3年間香川県高松市に転勤し、同社における女性転勤の先駆となる。

2003年に当時環境大臣であった小池百合子都知事が手掛けた地球温暖化対策国民運動「クールビス」キャンペーンに参画し、地ブランドプロジェクトを立ち上げます。

2012年〜14年には内閣府男女共同参画局に出向されます。

2015年から豊島区国際アート&カルチャー都市懇話会委員に就任し現在も活動中です。

2016年小池百合子都知事主催「希望の塾」に入塾し政治家になる事を決意されます。

2017年東京都議会議員選挙にて都民ファーストの会公認で板橋区選挙区より立候補し、見事1位にて初当選し、その後は東京都議会議員、東京都議会都市整備委員会委員などを就任されて活動されます。

2021年7月4日、2021年東京都議会議員選挙で再選されますが、選挙期間中の同月2日に無免許運転の状態で交通事故を起こした事が発覚し、都民ファーストの会から「除名処分」となってしまいます。

政治家になる為の勉強は頑張ったようですが、免許に関する勉強は疎かだったのかもしれませんね。

せっかく再選したのにもったいないです。

Sponsored Link

木下ふみこ都議の出身(高校,大学)は?

木下ふみこ都議の出身(高校,大学)について調べてみました。

高校は「名古屋市立向陽高等学校」を卒業されていました。

2021年時点の偏差値は69~71とかなりレベルの高い高校です。

普通科と国際科学科に分かれています。世界の平和や人類の福祉に携わる若者の育成を目的としていて、確かな学力を得るように教育し、入学したい大学に目標を設定するように指導しています。

出身の有名人としては、ノーベル物理学賞を受賞した物理学者である益川敏英氏を代表とする、複数の大学教授が過去に卒業しています。

大学は「東京外国語大学スペイン語学科」を卒業されていました。

在学中は1年間休学し、自身がアルバイトで貯めた資金で渡西し、スペイン・マドリードにてスペイン語やスペイン文化を学ばれています。

また、2018年より「東京大学大学院 都市工学専攻 都市持続再生学コース」に入学し、木下氏が得意とする「まちづくり政策」を研究中のようです。

Sponsored Link

木下ふみこ都議の結婚,家族ついて

木下ふみこ都議の結婚,家族について調べてみました。

1999年のインタビュー記事に「出産・育児休業を経て広報室に復帰した」とありました。

結婚の経験があり、娘さんがいるようです。

しかし、2016年のインタビューでは、「私自身もシングルマザーとして働きながら娘を育てている」と話していました。

現在はシングルマザーのようですね。

離婚か死別かは不明ですが、ここまでキャリアを積み上げ、女手一つで育児や仕事を両立されているのはとても立派だと思います。

Sponsored Link

まとめ

今回は、木下ふみこ都議の経歴や(高校,大学)は?結婚,家族ついても調査!についてまとめさせていただきました。

木下ふみこ都議は「名古屋市立向陽高等学校」卒業後「東京外国語大学スペイン語学科」に進学されスペインに関する高い知識をお持ちの方でした。

政界入り後も都議としての様々な委員を経験され、つい最近も再選しましたが「無免許運転」発覚という愚かな行動で、都民ファーストの会から「除名処分」となってしまいました。

今後も議員は続けるようですが、信頼を取り戻すにはかなりの時間がかかるでしょうね。

これからも木下ふみこ都議の活躍に期待し、応援して行きたいと思います!

最後まで見ていただきありがとうございました。

こんにちは! 市役所内に家庭用サウナを持ち込んで使用していたとして話題となった大阪府池田市の冨田裕樹市長に新たな問題が発覚しました。 ...
記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする