久代萌美元アナが激怒させた大物(ベテラン)タレントXは誰で名前は?

記事上
Sponsored Link

こんにちは!

7月よりアナウンス室からネットワーク局に電撃異動した、フジテレビの久代萌美元アナウンサーですが、その背景には「ベテランタレントX」を激怒させた事も原因と囁かれています。

一体、久代アナが激怒させてしまった超ベテランタレントXとは誰なのでしょうか?

今回は、久代萌美元アナが激怒させた大物タレントXは誰で名前は?についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

久代萌美元アナが大物タレントXを激怒させた?

電撃異動した、フジテレビの久代萌美元アナウンサーが「超ベテランタレントX」を激怒させていた事が報道されています↓

東スポは次の様に報じています↓

フジテレビの久代萌美元アナウンサー(31)に“大物激怒事件”が浮上した。同アナは7月にアナウンス室からネットワーク局に電撃異動したが、その背景に「超ベテランタレントXをブチギレさせたからだ」と、ささやかれているというのだ。気が強いことで知られる久代元アナは虎の尾を踏んだのか――。

だが、ここにきてさらなる理由が浮上している。「ベテランタレントXをブチギレさせたそうです。そのため、久代さんはXが出演する番組を担当させられないことになりました。ただ、アナウンサーでい続ける以上、今後Xとかかわる可能性が出てくる。トラブルに発展するのを恐れたフジ上層部は、もう部署を変えるしかないと異動という形をとったという説が流れています」(芸能プロ関係者)

久代元アナはとてもハキハキした性格で、『正しいことは正しい』と自分の信念を貫くのが信条だとか。

Xとはプライベートでも飲みに行く親交があったようですが、ある時Xの芸風を否定するようなことを言ってしまったらしいのです。

しかし、Xは表向きでは友好的な空気を装っているので、Xが怒っている事に久代元アナは気が付いていないようです。

どんな事を言ったのか気になりますね。

Sponsored Link

久代萌美元アナが激怒させた大物タレントXは誰で名前は?

今回、久代萌美元アナが激怒させたとされる大物タレントXは誰で名前は特定されているのでしょうか?

ちなみに「松本人志」さんではないようです。

「5ちゃんねる」や「情報サイトのコメント」などを調べた所、次の人物の名が挙げられていました↓

プライベートで飲み会に参加するほど親交ってさんまだけとな。向上委員会の中でもエピソードや写真もよく上がって来たし。

引用 Yahooコメント

明石家さんましかいないじゃない。
ただ、さんまさんはちょっとくらいの事では怒らないよ。人の死以外は全部笑いに変えるからね。

引用 Yahooコメント

飲み会参加とか
大物Xはさんましかいないじゃんwwww

引用 5ちゃんねる

ほとんどの方が「明石家さんま」さんの名を挙げていました。

さんまさんなら「大物タレント」にあてはまります。

久代元アナは6年間も「さんまのお笑い向上委員会」のアシスタントを務められていました。

仮にさんまさんが久代元アナの事を激怒していたのなら、表面上は友好関係を保ってたとしても、6年間もの長期間一緒に仕事はしないでしょう。

芸風を否定されたのなら尚更です。

しかし、さんまさんはとても気遣い出来る方なので、激怒していた事を隠していた事も考えられます。

Sponsored Link

世間の反応

で、Xさんって誰よ。
この手のイニシャルトークやピー音的な自粛話って、伝える側にメリットがあっても、伝わる側には1ミリのメリットもないというお粗末さ。

記事の主旨として一番大事な「誰」を上げなければ、何の説得力もない。

引用 Yahooコメント

ういう記事って、本人が「いやいや飛ばされた理由はこうこうで」なんて訂正するはずもないし、Xと目される人も「Xは俺じゃない」とかわざわざ否定するわけもないし、書きたい放題だね。

引用 Yahooコメント

Xなんて元から存在しないんじゃない?
この異動に対する外からの批判的な声に対して、久代に非があるとみせかけたいフジが作り上げた架空の存在。これこそフジお得意のステマに思える。

引用 Yahooコメント

いかなる大物タレントと言われる人間にもそんな権限があるわけがない。
フジテレビがそいつに忖度したならば、愚かすぎる。大物タレントと喧嘩してでも、自社の社員を守るべきだからだ。

引用 Yahooコメント

あくまでも推測です。

それにさんまさんが激怒したなんて、今まで聞いた事もありません。

こんにちは! お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次さんが、吉本興業とのエージェント契約を3月31日付で終了する事が決まり、更に自身がM...
記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする