前山剛久の元カノアイドルA子の名前や顔画像特定?LINE内容とは?

記事上
Sponsored Link

文春オンラインにて俳優の前山剛久さんの交際トラブルが報じられました。

前山剛久さんは急逝した神田沙也加さんとの交際が報じられていましたが、元カノであるアイドルA子さんとも交際トラブルがあったようです。

一体、前山剛久さんの元彼女のアイドルA子は誰なのでしょうか?

今回は、前山剛久の前山剛久の元カノアイドルA子の名前や顔画像特定?LINE内容とは?についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

神田沙也加と前山剛久の交際トラブル報道

文春オンラインは次の様に報じています↓

12月18日、札幌市内のホテルの高層階から転落し、急逝した女優・神田沙也加(享年35)。亡くなる直前、交際相手の男性俳優との間にトラブルがあったことが「週刊文春」の取材でわかった。

神田が交際していたのは、主演予定だったミュージカル「マイ・フェア・レディ」の共演者として名を連ねていた俳優・前山剛久(30)。

「彼に酷い目に遭わされた」

2人の間に一体、何が起きていたのか。

「沙也加は、前山さんとアイドル・A子さんとの“関係”に深く悩んでいました」(沙也加の親友)

沙也加がショックを受けたとされる前山とA子との“関係”とはどのようなものだったのか。そして、ミュージカル女優の彼女にとって、受け入れ難かった残酷な知らせ。宿泊していた部屋に残されていた2通の「遺書」。そこに綴られていたメッセージとは――。

上記の通り、沙也加さんが残した遺書には、前山さん、前山さんの元カノA子との三角関係に係わる悩みが綴られていたとの事。

2人は、今年8月から帝国劇場などで上演されたミュージカル「王家の紋章」で初共演し、

11月から始まった「マイ・フェア・レディ」でも、立て続けに共演されています。

初日前会見では、前山さんは沙也加さんから“エアビンタ”を受けたエピソードを明かすなど、のろけた様子で仲が悪い感じは見られませんでした。

そんな2人の三角関係とは、どのような問題に発展していたのでしょうか?

Sponsored Link

神田沙也加と前山剛久の交際トラブルの内容は?

前山さんは沙也加さんの交際トラブルの内容については、有料版に進まなければいけません。

その為、通常版を見ただけでは何があったのかを知る事は不可能です。

しかし、Twitterを調べた所、前山さんと沙也加さんの交際トラブルの内容を確認する事が出来ました↓

Sponsored Link

前山剛久の元カノアイドルA子の名前や顔画像を特定?

今回報じられた、前山さんの元彼女のアイドルA子は誰での名前や顔画像の特定はされているのでしょうか?

文春ではA子さんについて「アイドル」と表記しています。

「元」とはついていないので、現役のアイドルであると推測出来ます。

A子さんについて調べてみたものの、疑わしい女性の名前は一切挙げられていませんでした。

交際疑惑レベルの情報すら浮上していませんでした。

そこで、5chにてA子さんについて調べて見た所、何名かのアイドルの名が確認出来ました。

しかし、確証が持てる明確な証拠や根拠は無かった為、ガセやデマ情報の可能性が高いと思われます。

また新しい情報が分かり次第更新していきます。

Sponsored Link

前山剛久の元カノアイドルA子とのLINE内容とは?

前山剛久さんのLINE内容も文春より報じられました。

前山剛久さんと元彼女のアイドルA子さんのLINE内容は以下の通りです↓

前山剛久:A子、お疲れ! 神田さんと整理つけるのに、バタバタしてた(泣き顔)

前山剛久:なんとか別れたよ!笑

A子:すご笑

前山剛久:めっちゃ大変だった!笑 今度話聞いてもらっても良い(汗)?

前山剛久:いつ時間あるー?

しかし、LINE内容の画像や出所も記載されていない事から信憑性は低いです。

LINEのやり取りの画像があるなら、わざわざ文字化しなくても良いはずです。

一部ではこのやり取りの画像が出回っているようですが、それは何者かが自分で作った画像だと思われます。

Sponsored Link

世間の反応

文春が事実なら憔悴してるのはさやかちゃんの亡くなった事じゃなく、自分のしてきた事が発覚したらどうしようって気持ちででしょ。これまでもさぞ酷い恋愛をしてきたんでしょうね。同棲してた元カノにも突然別れを告げ、それなのに別れたと嘘ついてまた会おうなんて自分から言ってるくらいだから相手を傷付ける事になんの躊躇いもなかったんでしょうね。自分にとって恋愛なんてそんなもんだったからその事でしを選んでしまう人の気持ちなんて想像もできなかったんでしょうね。いじめは殺人と言う人がいるけど将来を真剣に考えてる相手に対して非情な扱いをする事も殺人と変わらないと思う

神田沙也加さんにとって仕事は救いだと思っていたし、あれほど大事にしていたマイフェアレディを投げ出すような人ではないと不思議だったけど…
仕事に行きたくない理由があったのならば、やっと合点がいきました。

沢山悩んで苦しんで、
でもお客さんが待ってるから
笑顔でこの男と同じ舞台に立たなきゃいけない
辛かっただろうな

一旦は解決したと思って信じたのに裏切られてたから絶望したんでしょう。
これからどんどん真実が出てくるでしょうから。沙也加さんは最初はがんばって戦っていたからまわりに相談もしていたし人前でけんかになったりもしてたから事情を詳しく知っている友人知人たちは憤慨していると思います。
死ぬより見返してほしかった。それができないくらい弱ってしまっていたんですね。

これらが全て事実なのかは不明ですが、文春は記事掲載を対象者本人に伝えてから世に出します。

前山さんは文春の記事が出るタイミングで慌ててコメントした感が否めません。

それにしてもなぜこのメモ(遺書)が公になっているのでしょうか?

これを見れる人は限られているはずです。

この役者を許さない!と決めた人がいるのでしょうね。

2021年12月21日、松田聖子さんと神田正輝さんによる緊急記者会見が行われました。 神田沙也加さんの遺骨を持って会場に訪れました。 ...
記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする