モデルナ異物の正体は何で体への影響は?ロット番号や会場はどこ?

記事上
Sponsored Link

モデルナ社製の未使用の新型コロナワクチン約163万回分に異物混入の恐れがある事が報じられました。

現時点では異物の正体は不明の様ですが、摂取してしまった場合、体への影響はあるのでしょうか?

今回は、モデルナ異物の正体は何で体への影響は?ロット番号や会場はどこ?についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

モデルナ製ワクチンに異物混入!ロット番号や会場はどこ?

日テレNEWS24は次の様に報じています↓

厚生労働省は、異物の混入が見つかったとして、モデルナ製の一部のワクチンの使用を中止すると発表しました。

厚生労働省によりますと、今月16日以降、モデルナ社の一部のワクチンに異物が混入しているという報告が、東京都・埼玉・茨城・愛知・岐阜の各県の職域接種と自治体による大規模接種、あわせて8つの会場から、あわせて39件、武田薬品工業に寄せられたということです。

異物が見つかったのは、スペインの「ロビ」という会社の工場で作られた同じ「製造ロット番号」のものだったということで、それと同時期に同じ製造ラインで作られた2つのロットを含め、3つのロット番号のあわせて約160万回分について、使用を中止するよう呼びかけました。この160万回分は、全国の863の会場に納入されていて、それらの会場には26日、連絡するということです。

異物が確認されたのは、東京、埼玉、茨城、愛知、岐阜の5都県の8カ所の接種会場で、あわせて39の容器から確認されたようです。

これらはスペインの「ロビ」という会社の工場で作られたワクチンでした。

約160万回分について、使用を中止するとの事ですか、おそらく全て処分されるのだと思います。

勿体ないですね。

これらは同時期に同じ製造ラインで作られた2つのロットを含め、3つのロット番号が存在しています。

今回対象となるのはこちらのロット番号です↓

異物は接種前の異物混入が無いか確認してから使う事になっており、今回はその段階で見つかった為、異物入りのワクチンを打った人は確認されていないようですが、既に対象のロット番号のワクチンを摂取された方も見られました↓

Sponsored Link

モデルナ異物の正体は何で体への影響は?

今回、モデルナ製のワクチンの正体は何で、摂取してしまった場合体への影響はあるのでしょうか?

異物については『粒子状物質』というものが確認されました↓

ただこの『粒子状物質』が何なのかまでは公表されておらず、現時点では謎のままです。

世間では「酸化グラフェン」と予想する方も見られました↓

いずれにせよ、異物の正体がハッキリするまでは不安ですね。

体に影響があったとしてもワクチンの副作用と区別がつかないかもしれません。

また正体が判明した際、追記します。

【追記】

異物の正体は「金属片」説が浮上しています↓

Sponsored Link

世間の反応

何が混入したのか、人体に影響はないのか、どこの接種会場なのか、この点をはっきり分かった時点での発表じゃないといたずらに不安を煽るだけになる。きちんとした情報提示をしてもらわないといけない。

私は、どうやら二回目で該当するロットのモデルナワクチンを接種されているようです。

何が混入していたのか
その異物が何かををはっきり教えて欲しい。

もう接種してしまったものはどうしようもないが。

安全性を考慮とか言ってるが、そもそも異物って何?って話。
どういう経緯で混入したのかと。
そこは分かってるんだから公表すべき。
未使用ワクチンおよそ163万回分って相当な数だし、
一部は接種済との報道も。
色々と結構な問題でしょ、これは。

元々、使用前に変色や異物が混入していないか目視で調べろと指示があったようだか、忠実に確認していた担当者が素晴らしい。
目視レベルで判る異物をスルーできてしまう生産体制はヤバい。

記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする