なかにし礼の死因は心臓病・ガン?年齢や家族(兄弟)は?

記事上
Sponsored Link

こんにちは!

2020年12月25日、作詞家で直木賞作家のなかにし礼さんが、都内の病院で死去されたと報じられました。

数多くのヒット曲を手掛け、日本歌謡界を牽引されていました。

また、つい最近まではテレビでコメンテーターとして活躍され、お元気そうだったのに突然の訃報に世間へ衝撃が走っています。

一体、死因は何だったのか?またご家族についても調べていきたいと思います。

今回は、なかにし礼の死因は心臓病・ガン?年齢や家族(兄弟)は?についてまとめていきたいと思います!

是非最後までご覧ください。

Sponsored Link

なかにし礼が死去!年齢は?

2020年12月25日、作詞家で直木賞作家のなかにし礼さんが、都内の病院で死去されたと報じられました。

年齢は82歳でした。

各情報メディアは以下の様に報じています↓

「北酒場」「石狩挽歌」など数多くのヒット曲を手掛けた日本歌謡界を代表する作詞家で直木賞作家のなかにし礼(なかにし・れい、本名中西禮三=なかにし・れいぞう)さんが24日、東京都内の病院で死去した。82歳。死因は明らかにされていないが、1カ月ほど前に持病の心疾患で入院していた。10月に作曲家の筒美京平さん(享年80)が他界したことに続く、衝撃的な悲報。日本の音楽界はまた一人、大きな星を失った。

引用Yahooニュース

また一人昭和の偉大な巨星が遠くへ行ってしまい寂しいですね。

昭和に作られた名曲が、令和の現在でも歌い継がれる事は素晴らしい事です。

自分の世代だとリアルタイムではTOKIOの「AMBITIOUS JAPAN!」が一番馴染みがあります。

なかにし礼さんには素晴らしい詞の世界観を堪能させて下さり感謝の気持ちでいっぱいです。

心から御冥福をお祈りいたします。

Sponsored Link

なかにし礼の死因は心臓病・ガン?

なかにし礼さんの死因は報道では詳しく明かされていません。

しかし、ここ1カ月ほど前に持病の心疾患で入院していた事や、10年ほど前は食道ガンとの闘病生活もあった事が報じられていました。

食道ガンは克服されたようですが、心臓病との戦いは長く、1992年からの闘病をされていたようです。

2016年に除細動器とペースメーカーを埋め込みもされていました。

今回の死因はガンの再発とは考えにくいので、長年闘病されてきた心臓病が悪化してしまった可能性が高そうです。

また、82歳という高齢も関係していたのかもしれません。

Sponsored Link

なかにし礼の家族(兄弟)は?

なかにし礼さんの家族(兄弟)について調べてみました。

なかにし礼さんは二度結婚され、合わせて一男二女を授かっていました。

初婚では長女を授かりましたが、残念ながら妻、長女共に情報が全くありませんでした。

1971年10月16日に再婚した妻が石田ゆりさんで、いしだあゆみさんの妹です。

石田ゆりさんは全シングルの作詞を担当したなかにし礼さんと19歳で結婚し、シングル4枚とアルバム2枚をリリースするも、残念ながらヒット曲には恵まれませんでした。

なかにし礼さん原作のNHK朝ドラマ『てるてる家族』の主人公・冬子は、石田ゆりさんがモデルだったそうです。

翌年に誕生した息子が現在音楽ディレクターとして活躍されている中西康夫さんです。

やはり、父親の背中を見て育ったせいか、同じ音楽業界で活躍されていました。

続いて娘の夏奈子さんが誕生しています。

どうやら一般の方のようで、夫はフランス人の作家との事でした。

最後になかにし礼さんの兄弟についてです。

なかにし礼さんには14歳年上の正一さんという兄がいた事が判明しました。

正一さんは特攻隊の生き残りで戦後、鰊漁に投資したそうですが、巨額な借金を作ってしまったようです。

しかし、その借金は全てなかにし礼さんが肩代わりし、返済されてそうです。

その兄は1996年に死去されています。

1998年、その正一さんとの出来事を描いた小説『兄弟』で第119回直木賞候補となっていました。

Sponsored Link

なかにし礼死去による世間の声

また一人昭和音楽の代表者が亡くなられた。残念…。今年は音楽界やお笑い界で大きな星が消えた一年。また、コロナでも俳優の自殺が続いて悲しい年でもあったなあ。
年末の特番あるだろうけど、今年は振り返りが辛くなりそうな方々ばかり。御冥福をお祈りします。そして、新たな才能が生まれることを願います。

引用Yahooニュース

慌ただしい年末・年の瀬に、中村泰三氏・千家和也氏、そして今度は・・なかにし礼さん・・・。

それぞれが、皆さん大家とか巨星と称される方々ばかり。
「昭和」が・・一気に遠退いた感じがします。
それでも彼らの残された名曲は、いつまでも歌い継がれて行く事でしょう。

引用Yahooニュース

作詞家という顔だけでなく、テレビのコメンテーターや「タモリの音楽は世界だ」の解答者では自分が作った曲を当てられない事を出演者にいじられて照れていた姿が個人的には忘れられません。お悔やみ申し上げます。

引用Yahooニュース

同じ昭和世代の方は突然の訃報に落胆しているコメントも多く見られました。

記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする