愛知フェス(波物語2021)の主催者は誰?酒提供でノーマスク客も!ゴミ散乱!

記事上
Sponsored Link

2021年8月28日、29日に愛知県常滑市の「アイチ・スカイ・エキスポ」にて野外フェスティバル「NAMIMONOGATARI2021」が開催されました。

しかし、会場内ではコロナ感染対策が取られておらずノーマスクや顎マスクの客が多く、SNSでは密になった状況が動画や写真が拡散され、炎上騒ぎとなりました。

愛知県では8/27より緊急事態宣言が出ており、感染者数も急増しています。

今回は、愛知フェス(波物語2021)の主催者は誰?酒提供でノーマスク客も!ゴミ散乱!についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

愛知フェス(波物語2021)が酒提供でノーマスク客が多い中開催で炎上!

中日スポーツは次の様に報じています↓

29日に愛知県常滑市で開催された音楽フェス「NAMIMONOGATARI2021(波物語)」が密状態で開催されたとして非難が殺到している件で、30日、ツイッター上で「愛知県民」がトレンド入りした。

同イベントについては同日、会場のある常滑市の伊藤辰矢市長が「上限人数の5000人をはるかに超え密集しており、酒類の提供も行われた」「国や県の要請、ガイドラインも全く守られていない、極めて悪質なイベント」と抗議。愛知県の大村秀章県知事も「極めて遺憾で抗議したい」とコメントしている。

感染対策は徹底されているのかと思いきや、上限人数の5000人を大幅に超えた上に超密集でノーマスクや顎マスクの客が多くみられたとの事。

その状況がTwitterにて拡散されていました↓

まるでコロナが流行る前に戻ったかのような光景ですね。

ここではコロナは無かった事になっているのでしょうか?

しかも酒類の提供も行われた事が発覚しています↓

ルールやマナーを守れない人物が居る限り、コロナの終息は無いでしょう!

Sponsored Link

愛知フェス(波物語2021)の主催者は誰?

NAMIMONOGATARI2021の主催者は誰なのでしょうか?

調べた所、フェスはオフィスキーフという会社の元、開催されていました↓

代表は「富永基煥」という人物のようです。

ですので、この人物が主催者ということになるでしょう。

更に調べて行くと↓

「富永基煥」の本名は「鄭基煥(テイキファン)」というようです。

日本人では無いようですね。

現在、この主催者からの声明は発信されていませんでした。

今後どのように対応するのか注目です!

【追記】

主催者からの謝罪文が公表されました↓

誰だって謝るのはとても簡単です。

一体、主催者はどのような形で責任と取るのか注目です!

Sponsored Link

愛知フェス(波物語2021)はゴミが散乱していた?

今回開催されたNAMIMONOGATARI2021ではゴミの散乱もひどかったようです↓

本当に日本なのか?と目を疑いたくなるような光景です!

こんなにゴミが落ちているフェスも珍しいです。

このフェスは「GOMIMONOGATARI」だったのでしょうか?

今後の開催は厳しいかもしれません。

Sponsored Link

世間の反応

これまで感染対策をしてきたフェスや中止になったフェスに対して泥を塗ってしまいましたね。

今回の件でヒップホップのイメージもフェスのイメージも最悪になった事は間違いないでしょう!

また、フェス後にはアフターパーティーも開かれていたようです↓

2021年8月28日、29日に愛知県常滑市の「アイチ・スカイ・エキスポ」にて野外フェスティバル「NAMIMONOGATARI2021」が開催...

【追記】ついにコロナ感染者が出てしまいました↓

2021年8月29日に愛知県常滑市でに行われた野外フェス「NAMIMONOGATARI 2021」にて、ついに2人のコロナ感染者が出た事が報道され、話題となっています。 密状態でノーマスク客が大声を出したり、飲酒客もいたので出て当然でしょう! 今回は、愛知フェス(波物語)のコロナ感染者を特定?名前や顔画像は?についてまとめていきたいと思います!
記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする