日本花子の正体は誰?戦車も乗れる免許証が最強と話題に!

記事上
Sponsored Link

こんにちは!

先日、免許証に写っている女性モデルが、二代目の「日本花子」さんに変更されたようです。

一体、日本花子さんの正体は誰なのでしょうか?

今回は、日本花子の正体は誰?戦車も乗れる免許証が最強と話題に!についてまとめていきたいと思います!

是非最後までご覧ください。

Sponsored Link

日本花子の正体は誰?

先日、免許証に写っている女性モデルが、二代目の「日本花子」さんに変更されたようです。

氏名:日本花子

生年月日:1986年5月1日

年齢:34歳(2021年3月現在)

住所:東京都千代田区霞ヶ関2-1-2

となっています。

くるまのニュースによると↓

警視庁免許本部の担当者へ伺ったところ、「部署異動により人が入れ替わり、免許見本については分からない」という回答でした。

また、神奈川県警の担当者も、「分からない」との回答。そのほかの免許センターでも「よく見る存在だが分からない」という回答となり、その正体は謎のままです。

引用 くるまのニュース

どうやら警視庁免許本部でも正体は不明の様です。

仮にモデルやタレントを起用しているのなら何かしらの情報は出て来るはずです。

しかし、何一つ情報が無い事からネットでは

「合成写真?」「警察の人物?」という意見が見られました。

Sponsored Link

日本花子の戦車も乗れる免許証が最強と話題に!

正体不明な日本花子さんですが、注目すべきは保有している免許です。

「小型特殊」を始め、「大型」まで全12種類を取得されています。

ちなみに大型は、車両総重量11トン以上、最大積載量6.5トン以上、乗車定員30人以上の条件を満たす車両(大型自動車)を運転できる免許で、一般的には「バス」や「大型トラック」が大型自動車にあたります。

自分は今でも大型ダンプを運転する女性を目にすると凄く憧れます!

ちなみに、初代の日本花子さんはフルビット免許証」を取得されていました↓

「フルビット免許証」とは、日本国内における運転免許証において、免許の種類の欄が全て埋まっている状態を指す通称の事です。

1994年までの運転免許証の種類の欄において、所有している免許は1、所有していない免許は0とビット(2進数)で表記されていました。

そしてフルビット免許証という通称は、全ての運転免許を持っている場合、種類の欄全てに1と表記されていた事が由来なんだとか。

一部では、全ての運転免許を保有している人を「フルビッター」と呼ぶ事もあるようです。

また、免許証の種類の欄が全て埋まっていなくても、全ての車両を運転できる運転免許(大型二種、大型特殊二種、けん引二種、大型自動二輪の4つ)保有者も「フルビッター」と呼ぶようです。

2代目の日本花子さんの所持している免許証は、フルビット免許証ではなく「フル免許証」と呼ぶようです。

「準中型」と「普通」の表記が無いだけで、乗れる車両は変わらないです。

おそらく、道路交通法が改正によるものだと思われます。

「フルビット免許証」「フル免許証」は戦車も乗る事が出来る免許とも言われていますが、

実際に戦車を操縦する隊員には別に「特技(編集部注:隊内での資格制度)」の教習と資格が必要になります。

戦車に限った事ではなく、他に大特で運転出来る自走りゅう弾砲などの自衛隊車両も、実際にそれらの特殊車両を扱うにはそれぞれの特技資格が必要となります。

Sponsored Link

二代目日本花子に世間の反応は?

世間は日本花子さんの正体が気になっています。

ちなみに、こち亀の両津勘吉も「フルビット免許証」を取得されています↓

Sponsored Link

【追記】日本花子の正体が判明

二代目の日本花子さんの正体が、フリーアナウンサーの平井佳織さんである事が判明しました。

イザは次の様に報じています↓

平井佳織さんは、免許証と同じ昭和61年生まれのフリーアナウンサーで、所属事務所の公式サイトや自身のツイッターなどに公開されている画像を見ると確かによく似ている。昨年10月には、所属事務所の公式ツイッターが運転免許証とマイナンバーカードが統合される計画を報じたニュースを引用して「平井佳織」「日本花子」というハッシュタグを2つ並べて投稿しており、何らかの関係がありそうだ。

そこで、産経デジタルで所属事務所に確認したところ、「平井で間違いありません」との回答を得た。2代目日本花子のモデルは確かに平井佳織さんだった。平井さんは現在、主にボートレース番組で活躍しているほか、イベントMCや女優としても活動している。

引用 イザ

まさかの実在する人物がモデルだったんのですね!

似ていると気付いた方は凄いですね!

記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする