高岡工芸高の剣道部員に暴行/部外保護者の名前や顔画像の特定は?

記事上
Sponsored Link

こんにちは!

富山県高岡市の高岡工芸高校で、剣道部員の男子生徒2人が部外の40代男性保護者から足で踏まれるなどの暴行を受けた事が報道され、話題となっています。

この保護者は剣道部の指導する立場に無い人物との事です。

今回は、高岡工芸高の剣道部員に暴行/部外保護者の名前や顔画像の特定は?についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

部外保護者が高岡工芸高の剣道部員に暴行

富山県高岡市の高岡工芸高校で、剣道部員の男子生徒2人が部外の40代男性保護者から足で踏まれるなどの暴行を受けた事が報道されました↓

毎日新聞は次の様に報じています↓

富山県教委は13日、高岡市の高岡工芸高(篠原俊一郎校長)で剣道部員の男子生徒2人が部外の40代男性保護者から足で踏まれるなどの暴行を受けたと明らかにした。被害に遭った部員1人の保護者が高岡署に相談し、被害届の提出を検討している。佐野友昭・県立学校課長は篠原校長とともに記者会見し、「生徒の安心・安全を確保できなかったのは申し訳ない」と謝罪した。

県教委によると、暴行したとされる保護者は7日夕方、校内の道場で剣道部員15人がくつろいでいたのに腹を立てて叱責。一人の首をつかんで引き倒し、防具「胴」の上から体を踏みつけた。この部員は病院で手当てを受けた。別の部員も防具「面」の上から顔を踏みつけられるなどの暴行を受けた。

この保護者は剣道部の指導する立場で無いにも関わらず、部員がくつろいでいたのに腹を立てて叱責し、暴行を加えたのです。

「やり過ぎた」と反省しているようですが、何故この保護者が高校を訪れていたのかは不明です。

また、高岡工芸高校にこの保護者の子供が通っているのだと思われます。

だとしたら、自分の子供にとってもとんだ迷惑行為を起こしたと言えますね。

学校の中どころか、近所中で噂になる事は間違い無いでしょう!

このような事になると想像出来なかったのでしょうか?

Sponsored Link

剣道部員に暴行を加えた部外保護者の名前や顔画像の特定は?

今回、高岡工芸高校の剣道部員に暴行を加えた部外保護者の名前や顔画像の特定はされているのでしょうか?

報道では「40代男性保護者」という事しか判明していません。

ただ「武道に関わる者としてふさわしくないと感じた。暴力ではなく指導だった」というコメントから、この保護者は何かしらの武道を指導している人物なのだと予想出来ます。

ただ武道指導者だったら道具も大事にすると思いますがね…

また、被害に遭った部員1人の保護者が高岡署に相談し、被害届の提出を検討しているとの事。

部員の内1人は「病院で手当てを受けた」とあるので怪我をしたのだと思われます。

したがって、傷害罪が適用されるでしょう。

また、一部では「警察関係者」や「精神疾患のあるOB」との情報が流れていますが、まだ確証が持てる情報ではありません。

Sponsored Link

世間の反応

警察に被害届を!
大抵、こういう人、良かれと思って、と個人的な正義感を言い訳にする。
パワハラ上司、モラハラの配偶者、虐待する親、
みんなそうですよね?

しつけ、とか、部下のためを思って、って、
全く反省しにじゃん。

法的に制裁をと思います。臭いものにふたという日本人の発想は長い目で見ればマイナスです。

引用 Yahooコメント

被害届の提出を検討ではなく、とっとと出しましょう。

指導する立場であってもおかしい行動だけど、指導する立場でもないおっさんが急に殴りかかってきたわけなので事件化してくれ。

学校は立場上謝罪会見みたいなことしないといけないだろうけど、ある意味こちらも被害者だから何か届出だしたらいいんじゃないでしょうか?

迷惑系YouTuberだけじゃなく、迷惑系ペアレントもちゃんと実名顔出し報道してね

引用 Yahooコメント

コロナで剣道の面の中には、透明のシールドを着けて、更にマスクをしています。

以前、テレビでも剣道経験者の方が体験していましたが、かなり苦しいと言われていました。

この暑さでどの子も頑張っているというのに、柔道部の保護者が剣道のそういう変更を知りもしないで、暴行しないでほしい。

引用 Yahooコメント

武道の真髄は技量の上達ではなく人間性の向上にある。部外保護者が行った行為は指導ではなく暴力行為。部外保護者の人は最も大切なことが足りてない。街中にある剣道の道場に入れて貰って一からやり直したら。被害部員の親御さんには警察に被害届を出す事を強くお勧めします。

引用 Yahooコメント

この保護者は部員を指導する前に、自分も指導されるべきでしょうね。

記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする