東京メトロのTwitter投稿車掌は誰?マナー悪い乗客の撮影写真は?

記事上
Sponsored Link

東京メトロの30代の男性車掌が、乗務中にマナーが悪いと感じた乗客を業務用タブレット端末で無断で撮影して、Twitterに投稿していた事が報じられました。

一体、30代の男性車掌は誰で、盗撮写真はどのようなものなのでしょうか?

今回は、東京メトロのTwitter投稿車掌は誰?マナー悪い乗客の撮影写真は?についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

東京メトロ車掌がマナーの悪い客を撮影してTwitterに投稿

livedoorNEWSは次の様に報じています↓

 東京メトロは20日、30歳代の男性車掌が、乗務中にマナーが悪いと感じた乗客を業務用タブレット端末で無断で撮影し、ツイッターに投稿していたと発表した。

同社は車掌を処分する方針。

発表によると、車掌は有楽町線に乗務していた2019年10月~今年12月、業務用のタブレット端末で車内で飲酒している乗客や、一人で幅をとって座っている乗客らを撮影。端末はネットにつなぐことができないため、その画面を個人のスマートフォンで接写した上で、ツイッターに計4枚投稿した。

上記の通り、男性車掌は東京メトロ有楽町線に乗車していたマナーの悪い客を無断で撮影し、その写真を自身のTwitterに投稿へ投稿していたのです。

報道では「知人が写った写真が投稿されている」との通報が東京メトロに入った事で、今回の問題が発覚したとの事。

通報者は知人と明確に認識している事から、車掌がTwitterへ投稿した写真にはモザイク処理が施されていなかったとのだ思われます。

車掌は「マナーの悪い乗客が我慢ならなかった」と話している事から、写真をSNSに晒す事でマナー違反を抑制しようとしていたのでしょう。

Sponsored Link

東京メトロのTwitter投稿車掌は誰?

今回、Twitterへ写真を投稿した車掌は誰なのでしょうか?

報道では「鉄道本部運転部 有楽町・副都心線乗務管区・30代の男性車掌」という事しか公表されていません。

東京メトロは「社内規則にのっとり厳正に処分する。社員に対する指導・教育を徹底し、再発防止に取り組んで参ります」との事。

確かに、今回の車掌の乗務中の盗撮SNS投稿は問題があります。

しかし、マナーの悪い乗客を見て見ぬふりをする事の方が問題だと思いますし、寧ろマナーを弁えた乗客の信頼を損なう事にもなるでしょう。

東京メトロは「再発防止に取り組む」としていますが、再発したらどうするのかを具体的に話してほしいですね。

Sponsored Link

マナーの悪い乗客の撮影写真は?

車掌が無断で撮影していたマナーの悪い乗客の写真とはどのようなものだったのでしょうか?

車内で飲酒している乗客や、一人で幅をとって座っている乗客らを撮影。

当該アカウントを調べてみましたが、車掌本人と思われるアカウントは確認出来ませんでした。

また、問題となった写真もリークされておらず、検索結果にもヒットしませんでした。

今回の件は、5chではスレッドも作成されているものの、問題の写真は1枚も投稿されていませんでした。

この事から、写真はほんの一部の人物にしか閲覧されておらず、投降後からそれ程時間が経たずに削除されたのだと思います。

Sponsored Link

世間の反応

今回の車掌の方法は良くない事だったかもしれません。

しかし、他の方法で会社側が迷惑客に対して、もっと強い手段を取れるルール作りをしない限り、マナーの悪い客は減らないでしょう。

記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする