東京五輪映像チームのトップ級メンバーは誰?【小山田圭吾辞任劇】

記事上
Sponsored Link

東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、開会式の制作メンバーの1人で、作曲家の小山田圭吾さんの辞任を発表されました。

しかし、映像チームのトップ級メンバーが「小山田さんを降ろすなら、我々も降りる」と辞任の構えを見せているようです。

一体、メンバーは誰なのでしょうか?

今回は、東京五輪映像チームのトップ級メンバーは誰?【小山田圭吾辞任劇】についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

東京五輪映像チームのトップ級メンバーが小山田圭吾辞任に反発

先日、小山田圭吾さんの辞任が発表されましたが、これに対し映像チームのトップ級メンバーが「小山田さんを降ろすなら、我々も降りる」と辞任の構えを見せているようです↓

日刊スポーツは次の様に報じています↓

東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、開会式の制作メンバーの1人で、作曲家として名を連ねる小山田圭吾氏(52)の辞任を発表した。

一方、ある大会関係者によると、組織委は批判を受け、いったんは小山田氏を辞任させる方向で調整し始めていた。映像チームのトップ級メンバーが「小山田さんを降ろすなら、我々も降りる」と辞任の構えを見せ、他のメンバーも後に続いた。開会式が成り立たなくなることを恐れた組織委は一転、小山田氏続投の方針を固めたという。

任命責任を持つ組織委が自ら解任する考えはなかったのか。武藤氏は「最終責任は我々にある」とした上で「(各所と)意見交換しておりましたが(辞任したので)解任の議論は結局する必要がなくなった」と説明した。五輪開幕まで4日と迫る中での異例の事態。小山田氏に全面的に責任を取らせる形で、幕引きを図った形だ。

当初の組織委員会は、小山田さんのいじめ問題が世界規模で批判されていた為、彼を辞任させる方向で調整していました。

しかし、これに映像チームのトップ級メンバーらが反発し、組織委員会は小山田さんの続投の方針を固める事になるのです。

結局は小山田さんが全面的に責任を取らせる形で辞任されました。

Sponsored Link

東京五輪映像チームのトップ級メンバーは誰?

今回、小山田圭吾さんの辞任に対して反発した映像チームのトップ級メンバーは誰なのでしょうか?

調べた所、開会式と閉会式で9名の名前が確認出来ました↓

上記メンバーのいずれかの人物が考えられるでしょう。

また、報道では「他のメンバーも後に続いた。」とあるので、小山田さんは多くの方に慕われていた事が分かります。

Sponsored Link

世間の反応

『映像チームのトップ級メンバーが「小山田さんを降ろすなら、我々も降りる」と辞任の構えを見せ』

元々は野村萬斎氏が中心だったチームを佐々木宏氏が横取りして好き勝手させた弊害が現れたな
言葉通り辞めたらいいんじゃないかね
こういうご時世なんだから開会式は聖火点灯と開催都市挨拶くらいに自粛して映像も音楽も入場行進も止めてもいいくらいだわ

聞いたこともないような凄惨ないじめを自慢げに雑誌に語るようなサイコパスを続投させようとしたこと自体、組織の体を為していない。五輪決定から直前まで、大なり小なりよくこれほどまでにケチがついたな。なんかもう、うんざり五輪という感じだ。

小山田氏を庇う様な人達は、一緒に辞任してもらおう。と言うか、辞めさせるべだろう。五輪の意義を理解しない連中を辞めさせて、開会式が成り立たなくなるのなら、それで良いじゃないか。五輪憲章が成り立たなくなるよりはマシだろう

元々は野村萬斎、MIKIKO氏、椎名林檎らによる素晴らしい演出が予定されてたにも関わらず、佐々木宏氏や電通が好き勝手して白紙化、スタッフ使い捨てをした結果今に至る。

もはやオリパラは常人とは異なる常識の人達で開催されるのですね。

平和の祭典、復興オリパラが聞いて呆れます。

オリンピック・パラリンピック開会式の作曲をCornelius「小山田圭吾」さんが担当する事が発表され、話題となっています。 しかし、彼...

障害者いじめを自慢するインタビューが大炎上し、東京オリンピックの開会式・閉会式製作メンバーを辞任した小山田圭吾さん。 そのいとこにあた...
記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする