原付で歩道走行のウーバーイーツ配達員は誰?顔画像(素顔)の特定は?

記事上
Sponsored Link

神奈川県相模原市にて、ウーバーイーツの配達員が歩道を原付で走行していた事が報じられました。

危険な走行が行われた歩道は、地元の人の生活道路として利用されており、一歩間違えば大事故になりかねません。

一体、このウーバーイーツ配達員は誰なのでしょうか?

今回は、原付で歩道走行のウーバーイーツ配達員は誰?顔画像(素顔)の特定は?についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

ウーバーイーツ配達員が原付で歩道走行

FNNプライムオンラインは次の様に報じています↓

堂々と歩道を走る原付バイク。

大事故につながりかねない危険な行為。

運転手が背負う黒いリュックサックには、「ウーバーイーツ」の文字。

近隣住民「バイクで歩道って交通違反だから絶対ダメ」

取材を進めると、危険を省みない常識外れの行動が浮かび上がってきた。

ドライブレコーダーが捉えた、1台の原付バイク。

走っているのは車道ではなく、歩道。

この動画が撮影されたのは、9日午後1時半ごろ、神奈川・相模原市内の国道。

週末とあってか、国道は車で混み合い渋滞していた。

すると、次の瞬間、1台の原付バイクが歩道の真ん中を猛スピードで走り抜けていった。

目撃者「お年寄りから小さい子までよく使う細い道なので、誰かいたら本当に危なかったと思います」

現場で取材を進めると、大きな事故を招きかねない、さらなる危険が浮かび上がってきた。

歩道の幅はおよそ1m50cmほど。

そして、さらに行くと電柱が立っていて、原付バイクはこの電柱の右側のさらに狭い場所を走り抜けていったという。

上記の通り、1台の原付バイクが歩道の真ん中を猛スピードで走り抜けていったのです。

原付が歩道を走行する事は道路交通法で禁じられています。

最近では、一部のウーバーイーツ配達員の危険走行が頻繁に報じられています。

真面目に配達している方が気の毒です。

会社も個人事業主任せで教育をしていないのかもしれませんね。

Sponsored Link

原付で歩道走行のウーバーイーツ配達員は誰で顔画像(素顔)の特定は?

今回、原付で歩道を走行したウーバーイーツ配達員は誰で顔画像(素顔)は特定されているのでしょうか?

報道では「黒いリュックサックを背負ったウーバーイーツ配達員」としか公表されておらず、顔にはモザイク処理が施されている為、素顔が分かりません。

TwitterなどSNSを調べてみましたが、現時点ではモザイク無しの画像はリークされていませんでした。

しかし、ドラレコにはバッチリ配達員が映されていますし、町の防犯カメラにも配達員の映像は映されていると思いますので、特定されるのは時間の問題でしょう。

Sponsored Link

世間の反応

Uberでもなんでもいいけど、こうやって証拠があるなら逮捕しようよ。
ドライブレコーダーを解析すれば、本物か偽物なんてすぐわかるでしょ。
本物なら証拠として採用して、映像を元に検挙して逮捕。
今はそこら中にカメラがあるから、悪いことをすればすぐ見つかる。

UberEats本体は配達員がもらい事故したら大騒ぎするんでしょね。映像のようにこんな道交法も守れない配達員がいる以上は責任を持つべき。
自らが原因で事故っても相手になすりつけするのかな

個人的な感想ですが、映像のような無法者が沢山いる中で、対策をしないなら絶対に注文しません。こんな会社はつぶれた方がいい。他に質のいい配達会社はあるから。

自転車のウーバーイーツも本当に危ない。
個人事業主だからと言って企業が責任取らないのはおかしい。

コンビニエンスストアだって経営者は大半がオーナー店舗で、不祥事があればコンビニ本部が追及されないという話は聞かない。

親分がアメリカの企業だからって治外法権的な抜け穴があるのならそれを決して許してはダメだよ。

配達業者は配達員を番号制度にして、前後左右から認識出来る表示した方が良いでしょう。

配達員の管理と教育指導を義務づけ、悪質な行為を繰り返したら営業停止処分に出来るようにしないと、これからはもっと荒れた状態になりそうです。

記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする