ながらスマホ電車踏切事故/31歳女性は誰で名前や顔画像は?

記事上
Sponsored Link

7月8日午後7時半頃、東武東上線「東武練馬駅」の脇の踏切で、近くに住む31歳の女性が電車にはねられ死亡する事故が発生しました。

はねられた際、女性は踏切の中で遮断機の前に立っている状態で、当初は自〇では?と囁かれていましたが、原因が女性のながらスマホである事が判明したようです。

今回は、ながらスマホ電車踏切事故/31歳女性は誰で名前や顔画像は?についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

東武練馬駅踏切事故で31歳女性が死亡/原因はながらスマホ?

7月8日午後7時半頃、東武東上線「東武練馬駅」の脇の踏切で、近くに住む31歳の女性が電車にはねられ死亡する事故が発生しました↓

警報器が鳴り始めた直後、女性はスマートフォンを操作しながら踏切内に入り、この時はまだ遮断機は下りていなかったようです。

女性が踏み切りに入った後、「すみやかに踏切の外に出てください」という警報機が鳴り始め、およそ10秒後に女性の目の前に遮断機が降りたそうです。

しかし、女性はそのままスマートフォンの操作を続け、30秒程後に電車にはねられてしまったようです。

ちなみに耳にイヤホンはしていなかったようです。

遮断機の音が聞こえないくらい、スマホに夢中になってしまったようですね。

事故が起きたのと同じ時間帯の現場は、スマホを見ながら歩く多くの人の姿がいましたが、事故当時も踏切の外にいた人の多くがスマホを見ていて、女性に声をかけた人はいなかったといいます。

この状況が異常ですよね。

誰かが気づけばこの事故は確実に防げたでしょう。

Sponsored Link

ながらスマホの31歳女性は誰で名前や顔画像は?

今回、東武練馬駅の踏切事故で亡くなった女性は誰なのでしょうか?

報道では「東武練馬駅近くに住む31歳の女性」という事だけ公表されています。

他に詳しい情報は報じられていませんでしたが、身元は判明しているようです。

Twitterでは当時の状況が投稿されていました↓

ご家族の事を思うと心が痛みます。

ご冥福をお祈りいたします。

Sponsored Link

踏切事故現場はどこ?

今回の事故現場は東武練馬駅のすぐ傍の踏切上です。

駅のすぐ傍という事で、目撃者も大勢いたのではないでしょうか。

Sponsored Link

世間の反応

歩きスマホしててもぶつからないよ、って言う人がいるけど、それは周りの人が避けてくれているからです。
そろそろ法律で禁止すべきですね。

引用 Yahooコメント

警笛がなっているのに、ここまでとんでもない集中?をする歩きスマホがあったとは…
申し訳ないですが、ご冥福を祈る気にもなれません。

ながらスマホは大変危険な行為であることを伝えなければいけない大人がこれですから、未来は暗いですね。
実際、私は自転車のながらスマホをしている人にぶつかられたことがあります、こちらが歩行者で立ち止まっていたのにもかかわらず。同様なことが複数回も。

ある種の薬物依存と同じ危険度です。大きな社会問題として国が強力に動かなければいけないのではと思います。

引用 Yahooコメント

厳しい言い方になりますが 自分の世代はながらスマホをしているにイラッとさせられています。ながらスマホしなければならない緊急事態など日常生活でそれほどあるものではありません。自分は、外出中のスマホへの対応が面倒なので、よほどの緊急事態以外はスルーしています。

高校生以下の子供の自転車でのながらスマホも多いし、子供のながらスマホを知らないのは親だけだと思います。

人が話しかけているのに、スマホの操作がやめられない人は礼儀として失礼だと思いますし、そういう人はいずれ友人や知り合いが離れていくことでしょう。

引用 Yahooコメント

今回の事故は絶対に防ぐことが出来た事故でした。

社会生活上のマイナス要因なので、路上タバコと同じように、路上飲酒やながらスマホは法律で規制すべきでしょう!

記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする