横浜いじめ特定/M小学校はどこでN教諭は誰?名前や顔画像は?

記事上
Sponsored Link

こんにちは!

横浜市のある小学校にて、教諭が生徒をいじめていた事が発覚し、話題となっています。

この生徒をいじめたとんでもない教諭はどのような人物なのでしょうか?

今回は、横浜いじめ特定/M小学校はどこでN教諭は誰?名前や顔画像は?についてまとめていきたいと思います!

Sponsored Link

横浜市M小学校でN教諭の生徒へのいじめ発覚

横浜市のある小学校にて、教諭が生徒をいじめていた事が発覚し、話題となっています。

文春オンラインは次の様に報じています↓

 横浜市のM小学校4年生の担任だった40代の男性N教諭が、特定の児童に対して「配布物を渡さない」「行事で役割を与えない」「給食を少なく盛る」など執拗ないじめを繰り返し、不登校に追い込んでいた。

いじめを受けたその山本美咲さん(仮名=当時9歳)がこれらのことを両親に打ち明けはじめたのは、4年生になって約10カ月過ぎた今年2月のこと。両親はすぐに学校に話したが、学校の対応は二転三転。

他の児童へのいじめの疑惑も浮上しているが、N教諭に「異動」などの処分は下されていない。

生徒をいじめていたのは、横浜市M小学校の4年生の担任だった男性N教諭です。

N教諭は山本美咲さん(仮名)に対して「給食は少ししか盛らない」「配布物を渡さない」「テストを受けさせない」などの除湿的いじめをずっと行っていました。

これらのいじめを受け、山本さんは適応障害と診断されてしまった上、不登校へと追い詰められてしまったのです。

Sponsored Link

M小学校はどこでN教諭は誰?名前や顔画像の特定は?

今回、山本さんをいじめていたとされる、M小学校はどこでN教諭の名前や顔画像の特定はされているのでしょうか?

そこで報道の通り、Mのイニシャルで始まる横浜市の小学校について調べた所、公立、私立含め35校がヒットしました。

また報道にある↓

 3月31日の学校側の回答では、教員の人事・懲罰権は市の教育委員会が持っているため「(学校として)N教諭の異動は人事上不可能」と答え、「担任としての適性に関して問題があると判断し、次年度学級担任から外す判断を下しました」と書かれた。

という点から、おそらくM小学校は公立の小学校だと思われます。

私立なら1校だけなのですぐ特定できたのですが…

また「うきわネットワーク」という匿名のいじめ報告用の情報サイトを活用すると、横浜の小学校では、2校のいじめ報告が掲載されていました。

ただ、確証が持てる情報が少なすぎる為、まだ2校のどちらかとは断定は出来ません。

学校され特定出来れば、N教諭の素性も判明するでしょう。

他にも校長の名前は3文字、307世帯という有力な情報もあるので引き続き調査していきます!

Sponsored Link

世間の反応

校長や副校長などの管理職の人間は、自分に都合の悪いことがあると、絶対に公になるまで教育委員会には報告しないし、教育委員会であっても自分たちの保身のために発表しない。公にするのは、文春などの週刊誌ではなく、教育委員会や学校であるべき。そして、勤務しているからと言って、加害教諭や管理職以外の教諭に謝罪をさせる必要は一歩譲って必要ない。

引用 Yahooコメント

この人は人間的に欠陥品なんだろう。先天的に欠陥品だったのか、教師生活中に欠陥品になったのかは分からないが、今は教師に向いていない。学校での生徒同士のイジメはなくならないと思っているが、教師による生徒へのイジメは無くすことが出来ると思う。

引用 Yahooコメント

子供が小学生の時に担任の先生からイジメをされました。お前は勉強してないからと言われ、宿題の量を倍に増やされ、夜中まで勉強して行きましたが、見ても貰えませんでした。しかも学年主任の先生で、他の保護者の方が校長先生に相談したら、モンペだとPTAの集まりでいいふらしていたので、誰にも相談出来ませんでした。子供を守れなくて、後悔しています。うちは引っ越しました。

引用 Yahooコメント

証拠を集め、公にすべき。
学校は事件にならない限り、ホントに何もしないし隠そうとする。
私の時は生徒同士のイジメだが、縫うほどの怪我をした事でようやく事態が動いた。
その時の担任の言葉。
「おかしいとは思ってた」
知らなかった訳では無いよと言い訳したつもりだろうが、おかしいと思っても何もしない無能ぶりが明らかになっただけ。

引用 Yahooコメント

これこそしっかりワイドショーでも取り上げて報道すべきです。

校名も実名も公表するべきです。

この教師が今でも教師を続けられる事や、普通の生活を送られている事が疑問です。

記事下
Sponsored Link
こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする